7月17日大塚国際美術館
鳴門の大塚国際美術館で
展示作品を子どもたちとめぐるナビツアーを行います。

ohtsuka.jpg

いつも言っていますが、ここはドラえもんの
「どこでもドア」のような美術館です。
陶板で再現されたフランスの名画をめぐるパリ小旅行。
時間も場所もスルリと抜けていく楽しさ。

ボランティアさんによる
同様のツアもこの日からスタートです。
この企画にあわせて、「ひらめき鑑賞シート」というのを
あらたに10作品分10種類つくりました。

子どもたちは楽しんでくれるでしょうか。

結城昌子


<<8月1日メルシャン美術館 | ベトナムに行ってきました。 >>