ルノワール展記念 地球に残したい5作品<8>
20代のOさんからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美術鑑賞暦が長い訳ではないのでそれほどの数を見てはいないのですが
なるべく見たことのあるものから選びたいと思います。

1)ジョージア・オキーフ {ピンクの地の上の2本のカラー・リリー」
初めて見たときに本物の花以上の美しさを感じて暫く絵の前から動けませんでした。
絵から彼女の芯の強さも伝わってきました。

2)ラファエル・コラン 恋愛田園詩
とても美しい絵だと思います。
若く愛し合う二人に自分を重ねたこともありました。
寝室に飾って毎日うっとりと眺めたいくらい大好きです。

3)アンドリュー・ワイエス クリスティーナの世界
描かれた彼女のエピソードも合わせて大好きな絵です。
ワイエスの人々を見守る温かい気持ちが絵に表れていると思います。

4)マーク・ロスコ ナンバー1(ナンバー18)
ロスコの絵は直にはこれしか見たことがないのですが
いつまでも見ていたい、自分もこの絵の中に溶け込みたいような衝動にかられました。
不思議な味わいがあると思います。

5)上村松園 序の舞
定番でしょうが、やはり彼女の描く女性にとても惹かれてしまいます。
私にはない日本女性の凛とした姿、とてもあこがれます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ochiai.jpg

女性として絵をみる視点がしっかりとできあがっていらっしゃるように
感じます。コランの「恋愛田園詩」知りませんでした。ふしぎな絵ですね。
寝室に飾って毎日うっとり眺めると、どんな夢をみるのかちょっと恐い気もします。(笑)
ワイエスの作品を見ていると、大学時代の同級生を思い出します。
彼はワイエスが大好きで、いまなお精緻で魅力的な絵を制作しています。
川村記念美術館のロスコの部屋、まさに瞑想空間ですよね。

貴重なご意見、ありがとうございました。

結城昌子


<<ルノワール展記念 地球に残したい5作品<9> | ルノワール展記念 地球に残したい5作品<7> >>