すっかりご無沙汰してしまいました。
慌ただしく過ごしている間に更新できぬまま随分時間がたってしまいました。

このところサライの連載で旅が多くて、
金沢に金箔、米沢に紅花染め、東京下町に浮世絵の彫り師・・・と
日本を旅していました。
といっても、ほぼ日帰りに近い取材なんですけど。(笑)

古き良き日本の風景と、
そこで伝統を守り抜く職人と呼ばれる技師の方々に出会うと、
日本の美しさや人々の真摯な心意気にじーんと胸が熱くなります。
日本美術を支える技は、見えない手間が途方もなく多くて、
まさに下支え。感動します。

よかったらサライ見てください。

結城昌子

<<フランス、パリ | なんでゴッホはあんなに急いで次々描いたかを考えてみた。 >>