思い出の作品
この絵を送ってくれたときR.K君(神奈川県)は小学6年生。
朝日小学生新聞で、北斎の『富岳三十六景』に挑戦した時のものです。
まるで物語の1シーンのような光景が忘れられない作品でした。

kawasaki3.jpg

色鉛筆の風合いが、深い色の世界に雰囲気を与えているよね。
色鉛筆で描くと、どうしても淡く弱々しくなりがち。
こんな風な力強い絵もできるんだね。

ところで、この作品を描いたR.K君は、今は高校生。
中学生の時に作曲の勉強をはじめ、
昨年の夏にアジア国際音楽コンクールで作曲部門3位になり、
今年の9月にはウィーン国立音楽大学で作品を演奏するんだって。
R.K君、嬉しい報告、ありがとう。

結城昌子

<<R.K君のもうひとつの作品です。 | ポップアップ電車 >>